MIMORONEの公式サイトオープン!ネット販売が始まります。

2017年11月3日

小高で育てたお蚕さまからつむいだ絹糸を小高で育った草木で染める。

私たちは、そんな糸をこれまで試行錯誤しながら作ってきました。

この、100%小高産の絹糸をMIMORONE(みもろね)というブランドで

みなさまにお披露目したのが、2016年の小高の秋祭りでした。

あれから約1年。

本日、ようやく全国の皆さんにもお届けできる環境が整いました。

ブランドサイトのオープンとインターネットでの販売を開始致します。

 

改めて、MIMORONEの「みもろ」は「神様が見守る場所」、「ね」は「音」。

私たちのふるさと小高の自然と人の営みの結晶が、より多くのみなさまに届きますよう。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

なお、販売はまだ慣れないため、ご迷惑おかけしないよう、

一回のご注文は、お一人様2個まででお願いいたします。

ご理解のほどよろしくお願い致します。

ブランドサイト:http://mimorone.jp/

藍の刈り取りです。

2017年9月25日

今年も根本さんの畑の一角をお借りして植えていた藍がそろそろ終盤に近づき、花が咲いてきたので一気に刈り取ることにしました。

しかし今年の藍は、長雨だったにも関わらず生育が良くて一株が大きく手に負えないということで・・・

約300株の藍を、東京電力の方たちにご協力頂いて刈り取りました。

きっと炎天下だったら暑くて大変だったであろう刈り取りも、今日は運よく曇り空。

男性4名の馬力は素晴らしく、50m×3畝も約1時間ですっかり刈り終え、、

13時現地作業開始、14時に浮船の里という、短時間で多収穫・まるでコンバインを目の当たりにしたような感覚でした。

皆さんには本当に感謝しかありません。そして、チームワークと手際の良さが素晴らしかったです。

本当にありがとうございました。

刈り取った藍の重量は定かではありませんが、私の身長(172cm)の半分の高さくらいまで積みあがりました。

このあと、生の葉を取って乾燥葉と、泥藍をつくる予定でいます。

いやはや、来年は少し栽培量を分相応にしようと決めました。

いつ見ても不思議。

2017年9月25日

9月18日、上蔟の日です。

繭を作る準備が整ったお蚕様を熟蚕(じゅくさん)と言います。この時の様子をあらわす言葉が地方によって様々なのですが、小高周辺では、お蚕様が「ひける」と言っています。

なぜ「ひける」なのかいまだによく分からないのですが、養蚕に携わった大先輩方は皆同じように話します。

今日、繭を作るための部屋「蔟・まぶし」に入ったのは早い組の約2500頭。前日の夜のうちに5~6頭だけ蚕座の中で繭を作っていましたが、昼夜の明るさが分かるので基本的に夜は繭づくりを始めません。その代わり、繭づくりが始まると一心不乱に糸を吐き続け、3~4日で作りあげてしまいます。

体が透けて見えるくらいにしっかり熟したお蚕様は、蔟に入った後少しの間歩き回ります。気に入った場所が見つかると、何かを決心したかのように繭の足場になる糸を吐き始め、自分の周りに糸を張り巡らせ、何度も何度も糸を重ねて繭を形作ります。

懸命な姿が見えるのは2日くらいまで。3日目からは、耳を傾ければ頑張っているのが聞こえてきます。

あんなに細くてかよわい糸も、重ねれば姿を隠せるくらいの厚みにできる。

本当に不思議で、神秘的で、うつくしい。

小さなことを積み重ねる、「生きること」の見本のような姿にハッとさせられます。

上蔟・営繭のあとは10日後くらいを目安に、繭の収穫「繭かき」です。