mimoroneを撮りに。

2017年4月12日

日曜日はmimoroneの撮影で小高へ行っていた。久々に雨が降った。今回は、小高についた瞬間に本降りになった。何度か書いているが、私と小高と言えば雨である。

そういえば、ある一定の場所を意識的に撮りためるというのは初めての経験かもしれない。自然と季節を感じさせるものに目が行く。小高神社も桜が咲き始めていて、もちろん目を引くのだけれど、何も桜だけが春の訪れではない。フキノトウもタンポポも雑草も。春を探そうと思うからこそ、いろんなものに気付ける。

こういう機会がなければ、自分は季節を感じていただろうかと思う。季節の変わり目や、日常の小さな変化というものは、意識しないと通り過ぎていくものかもしれない。

小高神社の桜はこれからが見頃という感じだった。もう少し撮影したかったけど、雨だったので、そこそこに浮船の里に移動して商品の撮影を始めた。雨の音がよく聞こえる静かな浮船の里で、いろんな色の糸と向き合う時間が続いた。mimoroneのneは音である。耳をすませば、いろんな音が聞こえてくるのが、この場所である。

お蚕様を育て、小高の草木を使って、糸を染め上げるというmimoroneの営みは、自然を見つめ、敬い、それでいて能動的に関わる作業だと思う。一つひとつが繊細で、丁寧な作業の上に、この糸は創り出されている。草木が出す色の可能性は無限にあるけれど、引き出すのは人間なのだ。そんな人たちを傍で見ている。関われていることが本当に嬉しい。いろんな人に届いて欲しい。

糸も、風景も、誰かに届けるための写真を撮っている。この糸が持っているものをひとつも漏らさずに写真で届けたいと思う。小高の風景もまた然り。この色を作る風景を、みなさんに届けたい。もうすぐである。待ちきれない気持ちもあるけれど、ゆっくりと進んでいこう。

(木田修作)

色と数字に囲まれて

2017年3月24日

3月の薄曇りの穏やかな休日、あすなろ交流広場で色と数字のワークショップが開かれた。

「曼荼羅ワークショップがあるからよければ参加しませんか?」と久米さんに誘われていた私は、何をするのかいまいちピンとこないまま、でもきっと楽しいだろうと思い、小高へ足を運んだ。

予定の10時に間に合わず遅刻ぎみで交流広場に着いたら、色とりどりの糸に囲まれてワークショップが始まっていた。
ちょこんと立てかけられている見本をみて、やっと今日行うことが分かった。
それは板に打ち付けられたピンに規則正しく絹糸が巻かれている美しい飾り。
交流広場の棚に飾ってあったことも思い出して、「そっかーこれをつくるのか」とわくわくした。

群馬の富岡で、養蚕、草木での染色、織りを行っている金田さんご夫妻が定期的に小高を訪れて開催しているこの会。毎回ご自身で紡ぎ染めた糸を30色近くも持ってきてくださって、私たち参加者は贅沢なことに好みに合わせてそこから9色を選ぶことができた。
作業自体はとてもシンプルで、64本打たれたピンにある数字の規則にしたがって1色ずつ糸を巻き付けていく。全てのピンに糸が絡んだら色を変えてまた規則正しく巻き付ける。
それを9回行うと、なんと不思議な、でも見ていて気持ちのいい模様があらわれる。

いち、に、さん、し......と順番に数を数えてピンに一巻き、またいち、に、さん、し......
このときは目の前の板と絹糸、数字だけを見て、考えていた。こんなに何かに没頭したのはいつぶりだろうか(まばたきするのさえ忘れてしまっていて、気付くと目がいたい)。
ヨガを習っていたことがあるのだけれど、そのときの感覚に近いような。
ひたすらに何かに集中するのは、楽しい。

色を選ぶのもこのワークショップの大切な時間だ。
たくさん迷って、でも最後は直感でこれだ!という色を選ぶ。
それまでの色の上に新しい色が重なると、一気に表情が変わっていく。

気付いたら2時間経っていた。

美味しい昼ごはんをみんなで囲んで、ちょっと休憩したらまた再開だ。


その後も数字を数え続けて、私は15時前に完成。
出来上がったのは最初に想像していたものよりだいぶカラフルで自分でも驚いた。
他のおふたりのそれも個性的で色鮮やかで、ずっと見ていられた。
自然界からいただく色だからか、どんな色でもきちんと調和がとれているのが不思議だった。


久しぶりに集中する時間を過ごしたからか帰りにはほどよく疲れていた。
同時によい時間を過ごしたな、とも。

金田さんご夫妻はまた小高にいらっしゃるそうだ。
またあの空間にいたいなと思う。ありがとうございました。

(ひさえ)

小田原へ

2016年12月11日

最初は木のつながりでした。

浮船の里が活動する、あすなろ交流広場を訪れたことがある人は座ったことがあるはずの、木のベンチテーブル。小田原林青会という、木材業を営む青年団体から寄贈されたものです。その後、ご縁がずっとつながり、このたび12月10日に神奈川県小田原市で行われたリフォームイベント「やんべ~よ」に参加してきました。

小田原へ呼んでくれたのは、林青会の2代前の会長、髙木大輔さん。「木のことで困ったときには髙木さん」と、久米さんがいつも呪文のように唱えて頼りにしている人です。
工務店やガス器具、インテリアなどなど、住まいに関するさまざまな商材が一堂に会するイベントの一角に、「MIMORONE」の販売ブースをもらいました。

小高で育てたお蚕さまからとった糸で作った、巻玉アクセサリーとストールを並べます。

img_1502
ブースを訪れてくれた人の多くは、浮船の里理事長の久米さんを知る人でしたが、まったく「初めまして」の方も何人かいらっしゃいました。

今回は、アクセサリー製作を担う柚原ふみえさん、蚕部長の永木けんじろうさんの奥さま、愛子さんも一緒に来原。いろいろな人と話に花が咲いていました。img_1510

会場には「木づかいの街・小田原」らしく、来年秋に向けて動き出した、小田原市内の神社の大鳥居建立に使う木材も展示されていました。鳥居の指揮を執る大工の棟梁・芹澤毅さんは、今回販売したアクセサリーの原材料の一部、筍を贈ってくれた方でもあります。久米さんに紹介すると、「筍の人です」とおどけてあいさつするお茶目な棟梁。ここでもまた、ご縁がつながりました。
img_1519

こうしてあっという間に一日が過ぎ、イベントは無事に終了。鳥居の材が搬出されたのを見届けて、私たちも会場をあとに。

 

また来ますね、小田原に。足をお運びくださった皆さま、ありがとうございました!

追記:会場にいらしていた、小田原市のシティセールス担当の山本圭一さんが撮ってくださった写真があまりに素敵だったのでご紹介します。ブースに飾ったMIMORONEツリーです。%e3%83%9f%e3%83%a2%e3%83%ad%e3%83%8d%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc