上蔟

2017年6月20日

お蚕様の繭作りが始まりました。その下ではまだまだ桑の葉を食べるお蚕様。遅いお蚕様も明日辺りから繭作りを始める事でしょう。

今年の春繭は5000個出来る予定です。

                                  久米

お蚕さま、始まりました

2017年6月10日

6月10日、一カ月ぶりの小高です。
6日にお蚕さまがやってきたと聞けば、様子を見に来ずにはいられません。

夜は肌寒い小高も、朝はすっきりと晴れ渡り、花々は気持ちよさそう。

田村市都路からやってきた5000頭のお蚕さま。眠っている状態で浮船に到着、起きたら4齢(人間でいうと中学生くらい)というところから飼育がスタート。まず朝一番でお掃除。温度が低いと動きがにぶいお蚕さま、ヒーターをつけてしばらくするとモゾモゾ動きます。でも夜に与えて帰った桑の葉はきれいになくなっているので、〝お腹が減ったよ~〟と訴えられているようで、こちらの気は急きます。

お掃除が終わると、蚕部長の永木さんにくっついて佐藤さんの桑畑へ。太い幹を根本から切り、お蚕さまのご飯を用意します。日が昇ると、一生懸命に体を動かしていれば暑いほど。ふっと横を見ると、わたしが1株を相手に四苦八苦しているうちに永木さんは4株をきれいに片付けていました。
浮船に帰ってきて新鮮な桑をあげると、一心不乱にお蚕さまはもしゃもしゃと葉をむさぼります。
来週の火曜日くらいには眠りに入り、起きると5齢(ひたすらご飯を食べて成長しきる高校生くらい)になり、そのまた1週間後には、いよいよ上蔟。繭になるときに居合わせるにはタイミングと運が必要ですが、成長途中のお蚕さまが無心に桑を食べる様子は、いくら見てもみあきない、癒しの時間です。(裕)

mimoroneを撮りに。

2017年4月12日

日曜日はmimoroneの撮影で小高へ行っていた。久々に雨が降った。今回は、小高についた瞬間に本降りになった。何度か書いているが、私と小高と言えば雨である。

そういえば、ある一定の場所を意識的に撮りためるというのは初めての経験かもしれない。自然と季節を感じさせるものに目が行く。小高神社も桜が咲き始めていて、もちろん目を引くのだけれど、何も桜だけが春の訪れではない。フキノトウもタンポポも雑草も。春を探そうと思うからこそ、いろんなものに気付ける。

こういう機会がなければ、自分は季節を感じていただろうかと思う。季節の変わり目や、日常の小さな変化というものは、意識しないと通り過ぎていくものかもしれない。

小高神社の桜はこれからが見頃という感じだった。もう少し撮影したかったけど、雨だったので、そこそこに浮船の里に移動して商品の撮影を始めた。雨の音がよく聞こえる静かな浮船の里で、いろんな色の糸と向き合う時間が続いた。mimoroneのneは音である。耳をすませば、いろんな音が聞こえてくるのが、この場所である。

お蚕様を育て、小高の草木を使って、糸を染め上げるというmimoroneの営みは、自然を見つめ、敬い、それでいて能動的に関わる作業だと思う。一つひとつが繊細で、丁寧な作業の上に、この糸は創り出されている。草木が出す色の可能性は無限にあるけれど、引き出すのは人間なのだ。そんな人たちを傍で見ている。関われていることが本当に嬉しい。いろんな人に届いて欲しい。

糸も、風景も、誰かに届けるための写真を撮っている。この糸が持っているものをひとつも漏らさずに写真で届けたいと思う。小高の風景もまた然り。この色を作る風景を、みなさんに届けたい。もうすぐである。待ちきれない気持ちもあるけれど、ゆっくりと進んでいこう。

(木田修作)