育つ速さ

2017年9月12日

9/5に浮船の里に来たお蚕様も、9/9に4齢の眠りに入りいよいよ繭づくり前の最後の週になりました。

4齢の眠りに入るお蚕様。まるで手を合わせているように見えます。

てっきり晩秋蚕かと思っていたのですが、飼育標準表こと養蚕カレンダーによると・・・

なんと初秋蚕の飼育日数と合致しているため、思ったより早く(と言っても1日2日早いだけなのですが)9/18に上蔟の予定となりました。

今年の夏は長雨の続く異常気象で日照不足による被害を心配していましたが、桑の木には特別な被害もなく、青々としたきれいな葉っぱを繁らせてくれました。

光り輝く桑の新芽には赤味がさしていて、とても柔らかい。

桑の枝を切りに行くときは、重装備で畑に入ります。畑には色々な虫がいますし、人の背丈ほどに大きくなった桑の、樹液や葉っぱにかぶれることもあるので気をつけます。

切り口から流れ出す樹液。

久米さん(155㎝)の背を越す桑の枝。

浮船の里での養蚕は本当にほんの少しの飼育頭数ですが、養蚕を通していろいろなことを知ったり感じたり、かけがえのない体験をしていると思います。

便利さの代わりになくしたもの・こと。

先人の残した道しるべがほんとうになくなってしまわないように、小さな規模でも活動し続けていきたいです。

秋のお蚕様

2017年9月5日

2017年9月5日、今年2回目のお蚕様月間です。

8月24日に卵から孵化した稚蚕です。4000頭の仲間たちとはるばる都路からやってきました。

稚蚕飼育所の方によると午後から眠に入るとの事でしたので、浮船の里で少し桑を食べました。その後、お昼過ぎには写真のように上体を起こして眠に入りました。

この時のお蚕様は、眠るとは言いますが全く動かないというわけではなく、個体によっては微妙に揺れていたりします。急にカクカク動くこともあり、いつも不思議に思って見ています。

夕方になって様子を見に行くと、早くも脱皮を終えた個体がいました。脱皮前後の違いは、口の大きさで分かります。

手前の個体は、口が大きくて白くなっています。葉っぱの上に脱皮した茶色の皮が残っていますね。

対して、奥の個体は口が茶色で、小さいです。この小さい口のすぐ後ろに新しい口が出来て、脱皮の時に前の口だったところが取れます。

いつ見ても、何回見ても、不思議でたまりません。

明日の午後、4齢になったお蚕様たちに沢山の桑をあげるのが楽しみです。

 

上蔟

2017年6月20日

お蚕様の繭作りが始まりました。その下ではまだまだ桑の葉を食べるお蚕様。遅いお蚕様も明日辺りから繭作りを始める事でしょう。

今年の春繭は5000個出来る予定です。

                                  久米