瞬く間

2023年6月30日

梅雨まっただ中のむわーっとした空気のなか、繭かきのために小高に来ました。

カイテンから蔟(まぶし)を外し、脱走兵を捜索して、もれなく回収。

今年もやっぱり場外営繭した子たちがいました。
1枚目は分かりやすいですが、2枚目の写真でどこに繭があるか分かったら、なかなかいい目をお持ちです。

雨予報のため予定時間よりも30分早い行動で、8時半過ぎには佐藤家に到着。


つぶれた繭や弱い繭がないか光に透かしてチェックして、マユクリン始動です。

おとうさんが機械を操り、里美ちゃんがアシストし、わたしは繭の外れた蔟(まぶし)をリレーして久米さんがケバ取り機にかけ、おかあさんが束ねる。

バトンがうまく渡り続け、繭かきは20分ほどで終わりました。
続いてはいちばん楽しみな時間、、お茶っこ!

おかあさんの特製お漬物とおまんじゅう、おせんべいを囲んで一服です。


幸い、おとうさん・おかあさんともに「いい繭が出来たねぇ」とのお言葉をいただけました。

おかあさんのこのかわいらしい笑顔に、いつも癒やされます。

 

浮船の里に戻り、あとは数える作業だけ。
袋詰めする前に山を作ってみました。

100ずつ数えながらの作業も、おしゃべりしながらだとなんか楽しい。

 

今年の春繭は4,300個弱出来ました。

蚕部屋をきれいにお掃除して、おしごと終了。

19回目の養蚕は、最初のお蚕さまのお迎えにしか参加できず、次に会ったらもう繭になっていて、瞬く間でした。

今日は夏越の大祓え。ことし半年を無事に終えられたこと、春繭を無事に育てられたことに感謝です。
9月の秋繭まで、ほんの一休みいたします。

9年目

2023年6月8日

3月の桑刈り以来、ひさびさの小高。
すっかり夏の気配で、浜風が爽やかに吹き抜けます。

9年目の春繭スタートの日。
佐藤さんの桑畑をのぞくと、順調に生育した桑が青々と葉を茂らせていました。

蚕部屋の準備も万端、浮船の里の木製ベンチテーブルの上に広がる久米さんの記録帳が、始まりを告げています。
7時前に浮船の里を出発して、田村市都路の稚蚕配布所を目指しました。
お蚕さまをお迎えに行くのは5度目くらい。
蚕のお迎えは春と秋の年2回の行事ですが、わたしが行くのは決まって春だけ。
毎回初めて通る道のような気がするのは、除染や伐採、道路整備などで少しずつ景色が変わっているからなのか、いつも新鮮な気分です。

5,000頭のちいさな蚕をいただきました。

 

いまは3齢で寝ている状態の蚕さんたち。
眠りから覚めて4齢に入るとき、すぐにお食事ができるよう桑の葉を細かく細断して、一緒に入れてくれています。

行きに1時間、帰りも1時間。
のんびり、だけど蚕たちになにかあってはいけないので慎重に運転しながら、無事に浮船に帰ってきました。

そうそう、初めて知ったことがひとつ。
今までなにげなくお世話していた蚕ですが、今年は血統書付きでした!

春嶺と鐘月の掛け合わせだそうです。
すでに午前中に浮船についた蚕たち、午後には脱皮して起きたそうなので、今日はすでに4齢の2日目。

無事にゴールできますように。(裕)

浜通りの桜百景

2023年3月28日

野山がほんのり薄紅に色づき始めると、どうしてこんなに心浮きたつものなのでしょう。

今年の桜だよりが、まさか3月中になろうとは思ってもみませんでした。

不在の間、普段生活している関東圏は曇天続きだったようで、出先の福島で晴天に恵まれたのは幸運でした。
駆け足でめぐった相双地域の春を、ご一緒にお楽しみいただけたらうれしいです。
小高神社

境内の枝垂れは翼を広げた鳥のようです。

 

 

 

 

 

小高川沿い

ゆっくり目の開花のような。
これが例年通りですね。

 

 

 

請戸川沿い

少し南下しただけで、だいぶ違います。

 

 

富岡町

夜ノ森駅周辺に初めておりたちました。

テレビで見たことのある桜並木、圧巻でした。

 

 

これから動き出す時間があることを知りました。

 

(ゆ)

春のたより

2023年3月27日

ひさびさの小高に来ました。

3月末の行事といえば、ことしのお蚕さま仕事はじめ。

そう、「桑刈り」です。

桑畑をお借りしている佐藤さんご夫妻の教えをよーく聞き、春繭の時期(6月)に青々した葉をたくさん付けてくれるよう、肥料をまき、桑の枝を剪定します。

桑畑のまわりの畦道には、タンポポやオオイヌノフグリが咲き、フキノトウの花が開いていました。テントウムシもいそがしく歩きまわり、チョウチョもひらひら。

小高に春が来たんだな、と実感する光景です。

 

桑刈りには、毎年東京電力さんが助っ人に来てくださいます。
おとな12人で黙々と1時間半、桑はさっぱりとした姿に生まれ変わりました。

余談ですが、全国各地の桜のたよりに漏れず、今年は小高でもだいぶ早く桜が咲き始めました。
写真右寄り、麦わら帽をかぶった久米さんのそばに写るベニシダレが、もうこんなに存在感をあらわしています。

 

いつも通り、桑刈り後に集合写真も撮りました。
昨年と同じ方が作業に来てくださったおかげで、スムーズな作業でした。

あとはお日さまを燦々と浴びて、雨の恵みをたっぷり受けて、おいしい葉っぱをつけてもらいましょう。

春のお蚕さまを迎えるまで、2ヶ月と少し。
浜通りを訪れる際には、原町区堤谷の国道6号沿いの桑畑の成長を気に留めていただけるとうれしいです。

ところで、なんか写真に既視感があるなぁ、、、と思ったら。

参加者みーーーんな、去年の桑刈りと格好がほぼ一緒!!
既視感、あるはずだ。

 

このブログ、例によって久米家の台所で書いているのですが、お風呂上がりの久米さんが目の前で頬のリフトアップをしています。
「日焼けした~!」

そりゃそうでしょ。
洗顔後、日焼け止め的なもの、なんにも塗ってないじゃない。
お肌が気になるお年頃の久米さんは、相変わらず元気です。

 

(ゆ)

 

繭かきの日

2022年10月9日

上蔟から10日。
ここのところ急に気温が下がり、すっきりしない空模様が続いていました。

繭かきの日。

小高の空はこんな晴天に恵まれました。


佐藤さんご夫妻のお宅を訪ね、機械をお借りしての作業です。

これまで10回以上はお邪魔しているはずですが、初めて見る道具がありました。
その名も蚕入機。

上蔟のとき、蚕さんたちがお部屋に入りやすくするための道具です。

 

それから手動の繭かき機。

繭を取り出す作業に、かつてはこのような道具を使っていたそうです。

 

さてさて、今年の繭はどんな出来でしょう。

おお、この簇(まぶし)は入居率が高いな。

 

光に透かして、薄い繭やシミのある繭をあらかじめ取り除いたら、「マユクリン」の出番です。

 

 

ひとつずつになった繭が入るカゴがいっぱいになりました。
育てている最中から、「今年は多いね」とみんなで言っていた蚕の数。

いったいいくつになったのでしょう。

作業が終わったら、いつも通りみんなでお茶の時間です。

おかあさん手作りのお漬物、梨におやつ。
何度もお茶をお代わりして、よもやま話に花が咲きました。

 

残るは繭のカウントのみ。

浮船の里に戻って、100ずつ数える時間です。

「いい繭ができたねー!」の久米さんの笑顔。

 

 

 

光があたると、絹糸はきらきらと輝きます。
それは携帯のカメラでは撮りきれない美しさ。

 

こちらは毎回探すのが楽しみな、個性的な繭たち。

狭くなかったかなぁと心配になる小さいもの、いったいどんな動作でこんなに細長くなったのかと思うもの、十人十色の繭たち。

下の二つは美繭です。

 

ひとつ開けて、中のサナギを出してみました。

 

折り畳まれた羽がわかるでしょうか。手のひらであたたまると、うにうにと動き出します。

 
今年できるようになったこと。
亡くなった蚕にさわれるようになったことと、サナギを持てるようになったこと。

大きな進歩です。

 

 

繭は4,396個でした。

あれ、5,000個なかった!
あんなに「たくさんいるよね」と言っていたけれど、数えてみたらこの結果。

 

今年のお蚕さま仕事は、これで本当にぜんぶおしまいです。

 

最後に原町区で見つけたひまわり畑に寄って、帰宅します。
写真を撮っていたら、女性が通りかかりました。

きれいですね、と声をかけると、ご近所の方と一緒に植えているとのこと。
畑の目の前にお住まいの方でした。
来るたびに知らない景色に出会える。

来るたびに感動する景色がある。

いいところなんだなぁ、南相馬。

(ゆ)