ありがとう

2022年6月30日

中4日開けて、小高に戻ってきました。

火曜の昼ごろ、久米さんから連絡がありました。
「始まったよー!」
あぁ、間に合わなかった。火曜の深夜に、小高に着く予定でした。
上蔟(じょうぞく)の作業を手伝いたかったのです。

成熟したお蚕さんは、「繭になりますよー」というサインを出してくれます。
真っ白でむちむちしていた体を飴色に変え、ほんの少し縮みます。久米さん曰く「ぷりっとした感じが減る」という状態です。
体を弓なりにし、頭をふりふりし始めるのが、そのサインです。

サインが来たら、準備した蔟(まぶし)にお蚕さんを移して繭づくりをはじめてもらわねば。
ここはもう、人間の都合は関係なく、蚕のタイミングに合わせるのみです。

水曜の朝、蚕小屋を開けると天井から蔟4枚が吊られていました。

きれい。
形のいい、美しい繭が整然と並んでいました。

すこし成長がゆっくり目の蚕さんたちの蔟では、まだたくさんうろうろしている子がいます。
体の色は変わっているので、〝そのとき〟はきっともうすぐ。

桑の葉でタワーを作る養蚕方法の「カンボジア方式」蚕ベッドでも、ちらほらと糸を吐いている蚕さんが見られました。

こんなに細いのにはっきりと光沢が分かる糸が、口からスーッと伸びるさまは、いくら眺めても飽きることはありません。

蚕ベッドを解体し、桑畑をお借りしている佐藤さんご夫妻に上蔟の報告に行きました。
ふと、数日前に捨てた桑の枝の束に目をやると、、、

 

健気(泣)
お掃除のときに桑と一緒に外の世界へ運ばれた蚕さん、野生でしっかり営繭していました。
ごめんねぇ、気づかなくて。
でもたくましいですよね。ちゃんと繭になってくれた。
浮船の里へ連れて帰りました。

やっと一息ついたころ、小高を包んだ夕景の、すばらしかったこと。

この雄大な空を見ていると、心が凪いでいきます。
今日という日が無事に終わった。
お蚕さんたちの旅も順調に進んでいる。
ありがとう。

誰にだろう、お礼を言いたくなるのです。(ゆ)

 

ショーマストゴーオン

2022年6月25日

久米さんのFacebookを見ている方はもうご存知ですね。
梅雨空の小高・浮船の里に、今年もお蚕さまがやってきました。

例年の倍の数がやってきて奔走(と疲弊)した昨年の教訓を生かし、今年はちゃんといつも通り。
5,000頭です。

6月17日にお迎えしてから6日目にあたる22日、2022年春の蚕さんたちと対面しました。

「ちっちゃい」。


チョコレート菓子の小枝のチョコを、もう少したっぷりつけたくらい。

8年目のお手伝いになりますが、なにもかも毎年新鮮で、作業をしながらいろいろ思い出します。
お掃除の手順、桑の切り方、蚕さんたちの習性。

朝たっぷりあげた桑の葉を

きれいに食べ尽くしてくれるとうれしい!というのは毎年おんなじ。
1日のうちで、朝と夕方でさえもサイズが違う。
蚕の成長は目を見張るものがあります。

 

そうそう、去年から浮船の里の蚕小屋は一戸建てにお引っ越ししました。
冷暖房完備、5,000頭をお世話するのにはちょうどいい3畳ほどの広さです。
お蚕さんたちの適正温度は25度。
常時このくらい暖かくないと、活発に活動(桑を食む)をしてくれません。

梅雨時の小高、朝の気温は20度くらいでとっても快適。
蚕小屋の暖房をつけると暑いな、と思うのですが寒がりの久米さんは「ここがちょうどいいわぁ」とニコニコしています。

過ごしやすいとはいえ、朝5時起きの桑刈りが始まり、すでに1週間。
たったの2、3日しかお手伝いしないわたしでも寝不足でぼんやりするので、久米さんはいかばかりか。
いまのところ、元気です。

カメラを向ければ、ほら。

大事なことを忘れていました。
このブログのタイトル「ショーマストゴーオン」。
浮船の里の、養蚕の、どの場面でこんな言葉が出てくるのか、と思いませんか。

蚕部屋に、久米さん愛用の携帯音楽プレーヤーが置いてあります。
その日の気分で、島津亜矢やアヴリル・ラヴィーンのアルバムが流れてくるのですが、着いた日の夜の楽曲がQueenの「ショーマストゴーオン」でした。
タイトルが、まさに養蚕を表しているなと思ったのです。
蚕がやって来たら、あとはもう繭になるまでひたすら桑をあげて育ってもらう。
始まれば、もう前に進むしかないのです。

ものごとなんでもそうでしょうけれど、不意に流れてきたこの曲は、とても胸にささりました。
この週末、蚕さんたちの食欲は最盛期に入ります。
小高から小田原に帰ってきた途端、うんざりするほどの暑さと湿気に萎えていますが、今日からは小高も気温が上がる予報。

どうかバテずに、上蔟までたどりつけますように。(ゆ)

緑滴る小高と小田原

2022年5月28日

お久しぶりの投稿です。

日ごとに緑の色が変わっていく5月も、もうすぐ終わり。
梅の収穫が最盛期を迎えている小田原から、小高に来ました。

今年のお蚕さまを迎える準備が進む佐藤さんご夫妻の桑畑の横に、藍を植える作業を行いました。

まずはおかあさんから、植え方のレクチャー。

久米家のサンルームで大切に育てられた藍を、定間隔に開けた穴に2株ずつ埋めてゆきます。

 

今年の藍もよく育ちますように。
願いを込めて、土をかぶせます。

4月中旬に種まきをした藍、今年は発芽率がよかったのでもう一畝。
おとうさんをお手本に久米さんも一生懸命に鍬をふるい、すべての藍の苗を植えました。

たっぷり水をあげ、おかあさんが肥料をまいてくれたら作業は完了。
すっきりと晴れた5月の空が本当にきれいで、涼しい風が気持ちよく頬を撫でていきます。

 

春のお蚕さまは、6月17日から始まることになりました。
桑の成長具合は、このような感じです。

あと半月、雨の恵みを受けながらお日さまを浴びて、おいしい葉っぱに育ってもらいましょう。

おかあさん曰く、桑の新芽(写真でいうと、先端の若い芽)は天ぷらにして食べるとおいしいそうです。
お蚕さまでなくとも、のどがゴクリ、と鳴りそうな。

藍を植え終わったあとは、おいしいコーヒーが飲める香音さんへ一服しに。
こーんなに分厚いトーストを、ぺろりといただいてしまいました。

 

 

収穫時期にあわせて、毎年久米さんにお届けしている小田原の梅。
梅酒に梅干しに、さまざま楽しんでもらっています。
かねてより念願の梅もぎを、今年ついに小田原で体験した久米さんの輝くような笑顔の写真を、最後にご紹介します。

生産者さんが丹精込めた農作物をこんなに喜んで収穫してもらえるのは、産地に住む者としてとてもうれしいこと。
われながら、いい写真が撮れたなぁ!

爽やかな緑の季節が、過ぎてゆきます。(ゆ)

小高の春

2022年4月18日

コロナウイルスの感染流行が始まってから2年間見に来られなかった小高の桜。

 

今年は楽しみにしていました。

福島市で開花宣言が出ても、浜通りは「まだだね」と久米さん。

しつこく咲き具合を聞くもので、小高川の土手の桜並木の写真を毎日送ってくれるようになりました。

先週日曜日まではただの枝のように見えていた桜の木、翌11日の月曜日に「満開だよ~! 春だ。春だよ~!!」とのメッセージとともに、薄紅の衣をまとった姿が目に飛び込んできたときの驚きと言ったら。
こんなに急に開くものなんだ。。。
びっくりしました。

さて、都合上、どうしても週末しか行けない。
折りしも週末は台風予報。

うーん、悩ましいけど仕方ない。
散らないで、散らないで、と気を揉みながら過ごしていました。

3年ぶりの小高の桜。
鶯が鳴き、雉のつがいが田んぼをのどかに散歩する、小高の春です。

 

小高神社には花びらのじゅうたんができていました。
先月末の桑畑の手入れから始まった今年のお蚕さまの準備。
今回は藍の種を植えました。

去年とったあと乾燥させておいた種を前日から水に浸し、お昼から作業開始。

3センチ四方ほどに小さく仕切られたプラスティックケースに土を入れ

 

箸で、「5粒くらいね」種をつまみ、指で開けた穴の位置に落とす。
ただこれだけなのですが、やれ「少ない!」「穴にちゃんと入ってない!」。
久米監督、なかなか厳しいのです。

(明らかに)5粒以上の種を無事にすべてのスペースに落とし、土をふんわりかぶせて水を回しかけ、藍の種まきは終了しました。

通常2週間くらいで発芽するそうですが、うまくいくときもあればそうでないときもあるらしく、「気ぃ揉むんだよ~」。

お日さまがたっぷり入る久米家のサンルームに移動して、あとは毎日観察です。

ふと見ると、庭の隅っこにぴょこぴょこと茶色い物体。

何年ぶりに触っただろう。ツチガエルかな。

「そんなもの触って~!」信じられないといった目で見てくる久米さん。「かわいいじゃない」と言ったら「虫、大嫌いなのよ」。

これ虫じゃないんですけど。
つぶらな瞳でかわいいのにね。

再びお会いすることがないように、隅の隅に放しました。

 

霜注意報が出た4月中旬の小高、ここから先は温かい日が続くようです。
次はいつ来られるかな。
藍の成長を願います。(裕)

 

 

春を告げる

2022年3月25日

3か月ぶりの小高です。

 

暦の上ではすっかり春、けれど現実世界では関東・東北が雪に見舞われた3月24日、小高にやってきました。
目覚めると、うっすら霞がかかった空に輝く太陽。
やっぱり東北は空気が冷たいなぁ、と思っていたら、夜のうちにまた雪が降ったようでした。
久米家の庭の葉ボタンが薄化粧。

今日は2022年のお蚕さまはじめ、桑刈りです。
桑畑をお借りしている佐藤さんご夫妻と東京電力の社員さんに助けていただき、冬を越した桑の枝を切り、新芽の成長を促す大切な作業です。

日が昇り、土がぬくぬくと温まってきた畑からは蒸気がゆらゆら。
畑の斜面にはタンポポやフキノトウが顔を出し、テントウムシがあっちこっちでウロウロ。
東北にも春が来たことを実感します。

 

 

 

 

手のひらを広げて3つ分。太い枝を45センチほど残して刈り揃え、細い脇枝は根本から伐る桑刈りは地味な力仕事です。
地味だから、人手があると本当に助かる。
「毎年お手伝いに来て下さる東電さんには感謝だ~」と久米さんは言います。

伸び放題の桑ですが、去年はたくさんのおいしい葉っぱを恵んでくれました。

佐藤家のおかあさん・ヨシ子さんは黙々と手を動かします。
空気が澄んで、空がきれい。

 
左奥に見える、肥料まき部隊の仕事もなかなかハードです。
一袋20キロをリュックサックに全部あけ、リュックに接続したホースを上下に揺らし、左右に振りながら桑畑を練り歩きます。

 

作業開始から3時間、桑はすっかりきれいに刈られ、地面にはたっぷり肥料が行き渡りました。

かたそうな蕾を孕んだ桑。
刺激を与えられ、温まる空気に包まれ、これからどんどん成長してくれるのを楽しみにします。

去年は10,000頭のお蚕さまに悶絶した浮船の里。
今年は例年通り5,000頭を育てる予定ですが、どんな物語がうまれるのでしょうか。

余震は絶えず続いていますが、小高は元気です。(裕)